オナ日記1日目そして2回目

本日2回目の儀式(オナ)を行う事にした。


私はほぼ毎日儀式を行っており、
1日2回以上行う事もまれでは無い。


いやむしろ、2回以上行う事が普通と言っても過言ではない。


私の儀式に対する情熱は、
情熱○陸に出演依頼がくるかもしれないという、
一抹の不安を抱えてしまうほどである。



一般では、オナニーという言葉自体、
公の場で使う事に抵抗があると思う。
私同様、女性の方は特にである。



私もブログではオナニーを連呼しているが、
世間体を考え、人前では絶対に口にしない。



女友達に、
「ねーちあきはオナニーとかしてる?」


と聞かれようと、
「オナニーとかしないよ///してるの??」

などとぶりっこする始末である。


心の中では、
「当たり前じゃ!てめぇに盛りがつく前から毎日やっとるんじゃ!コタツの脚とか使っとるんじゃ!」


と、今にも叫びたいほどにも関わらず。



しかし、そこで本心を明かしてしまえば、
淫乱娘というレッテルを貼られ、
一生乙女という言葉から遠ざかって生きていかねばならない。


小心者の私はそんな不名誉な仕打ちには耐えられないため、
絶対に表立ってオナニストである事を口にしたりはしない。



オナニーというものはそもそも、
自分を慰める、つまり一人で行う事なのである。


オナニスト歴15年の私からすれば、
相互オナニーや、オナニー鑑賞などもっての他だ。


しかし、男性のオナニーに関しては、
私の興味は尽きない。



話が長くなるので、男性のオナニーの話は後日するとしよう。




今日2回目の儀式の場は自分の部屋で行った。


レディコミが私の股間を濡らしたのだ。



私の部屋には、「桃色の揺らぎ」ことピンクローターや、
「青きうねり」こと、愛用のLC様で購入したバイブなど、
様々な男たちが控えている。



今回私は、主にマッサージ機として販売されるものを供とした。


頭頂部は白、胴体は薄いピンクという、女性も抵抗なく使える彼である。
しかし、そんな見た目とは裏腹に、
彼の刺激は私の全身を震え上がらせるほど強い。


私の陰部にある鍛え抜かれた突起物も、
彼の破壊力の前では3分ともたないのである。



私の体が彼の刺激を求め、
ほどよく赤みを帯びてきた頃、
彼は私の右手へと身をゆだねた。



もはやレディコミの存在すら忘れ、
刺激を待ち焦がれている突起物に彼を促す。



彼が私の突起物に触れた瞬間、
私は全身が痺れるような快感に襲われた。



外に声が漏れないよう、しっかりと口をつむぐ。


しかしもはや麻薬とも言える快感をもたらす彼の刺激は、
私の閉じた口から快楽の吐息を溢れ出させるには十分だった。



「はぁぁぁん…っ」


という声が漏れたと同時に、
私の手から彼は離れ、ゴトッと床に転がった。



今更ではあるが、彼の紹介が遅れてしまった。
彼の名は「桃白白(タオパイ○イ)の片腕」
そう、俗に言う「電マ」である。



私が持つ、現在最強の男である。



いつもありがとう、桃白白の片腕。





ちあき

オナ日記1日目

11月29日
天気:オナ日和


暖かい。
独り身の私にとって、この暖かさは多少ツラい。


何故なら人のぬくもりを思い出させるからだ。


人のぬくもりを思い出すと、
どうしても私の体の下部にあるオナスイッチが入ってしまう。


オナスイッチが入った場合の私に出来る行動は二つである。

一つ目はトイレに入る事である。
二つ目はお風呂に入る事である。


大抵の場合、前者になるのではあるが、
今日私は家にいるため、両方の選択が可能となっている。


かなり迷うところである。
家には誰もいないという状況。





悩んだ結果、私はお風呂で「儀式」(オナニーの事。以後儀式で統一)を行う事にした。


また、やはり記念すべきオナ日課1日目という事もあり、
ベターな桃色の物体を使用する事とした。


私の右手には、その桃色の物体が握られている。
桃色のそれは、付属しているスイッチをONにする事で、
身を震わせ、私を快楽の園へ導いてくれる。



桃色のそれは、俗に言うピンクローターというものではあるが、
私は彼を「桃色の揺らぎ」と呼ぶことにした。


彼、桃色の揺らぎは、「ヴヴヴヴッッ」という音を立て、私に近づいてくる。


私は彼を拒むことなく、両足を広げ彼を受け入れる。


彼は遠慮なく私の陰部にある突起物を刺激し始めた。


小さく、吐息と共に声が漏れ出てしまう。


彼はそんな私を気にする様子もなく、
私の突起物を揺らし続ける。


私は徐々に高まっていき、頂に達する。


私が達成感とも、脱力感とも言われる快感に酔いしれている頃、
彼はタイルの上で身を震わせていた。



ありがとう。桃色の揺らぎ。




ちあき

オナ日記0日目

スペック
某女子大生
20歳

5歳の頃にオナニーに目覚め、
私のオナライフが始まった。


毎日オナニーをしているうちに、
私はある事を思った。


私は毎日、どのようなオナニーをしていたのだろう。
過去のオナニーを振り返る意味でも、
また、全世界へオナニーの素晴らしさを伝えるためにも、
後世へ私のオナライフを残すためにも、
私は、私のオナニーを書き記していく義務があるのではないかと。



オナニーは女性ホルモンを分泌したり、
性欲の処理以外でも良い作用を起こす。


しかし単純にオナニーをしたかどうかなど書いても、
それは意味のないことではないだろうか。


私は願う。
本当に気持ちのよいオナニーが、
本当に素晴らしいオナニーが、
このブログを通じて全世界に広がるようにと。


様々なオナニーを試すことで、オナテクを磨く。
それも私に与えられた重要な使命だと思う。



このブログを見てくれた人が、
幸せなオナライフを送れるよう私は願う。




ちあき